リウマチ情報ポータル

リウマチ患者さまと
そのご家族の皆様へ

リウマチはどんな病気?

監修:東京医科歯科大学 名誉教授 宮坂信之 先生

目次

関節リウマチは、どんな病気ですか?

免疫の異常により、主に手足の関節が腫れたり、痛んだりする病気です。

関節リウマチ ( 以下「リウマチ」 ) は、免疫の異常により、主に手足の関節が腫れたり痛んだりする病気です。進行すると、骨や軟骨が壊れて関節が動かせなくなり、日常生活が大きく制限されます。また、炎症は関節だけでなく、目や肺などの全身に拡がることもあります。

リウマチのかかり始めには、熱っぽい、からだがだるい、食欲がないなどの症状が続いたり、朝方に関節の周囲がこわばることがあります ( 図1 ) 。その後、小さな関節が腫れ、やがて手首やひじ、肩、足首やひざ、股関節など全身の関節に拡がっていきます。

ちなみに、「リウマチ熱」という病気がありますが、これは溶連菌という細菌の感染によって起こる病気で、関節リウマチとは異なります。

( 図1 ) 関節リウマチの初期症状
熱っぽい、だるい
朝のこわばり

原因は何ですか?

感染、過労、ストレスなどをきっかけに発症することがあります。

人のからだには、細菌やウイルスなどの外敵からからだを守るしくみ ( 免疫 ) があります。このしくみが異常を起こし、関節を守る組織や骨、軟骨を外敵とみなして攻撃し、壊してしまうのがリウマチです。

こうした病気は“自己免疫疾患”とよばれ、体質的にかかりやすい人が何らかの原因によって発症すると考えられています。その原因は、まだよくわかっていませんが、細菌やウイルスの感染、過労やストレス、喫煙、出産やけがなどをきっかけに発症することがあります。

また、リウマチが家系内で発症することもありますが、一般にそれほど強い遺伝性はありません。

どんな人がかかりやすいのですか?

女性がかかりやすく、30〜50歳代で多く発症します。

日本のリウマチ患者さんの数は、70万人とも100万人ともいわれ、毎年約1万5000人が発症しています。全人口からみた割合は0.5〜1.0%で、この割合は海外でもほぼ同じとされており、地域による大きな差はありません。

年齢別にみると、30〜50歳代で発症した人が多く ( 図2 ) 、男女比では人口1000人あたり女性5.4人、男性1.1人と、女性に起こりやすい病気でもあります。

( 図2 ) リウマチと診断された年齢
 ( 図2 ) リウマチと診断された年齢

目次